UNIDAREUNIDAREUNIDARE

「熱を蓄える」発想、ユニデール。

中世のヨーロッパでは、どの家庭にも暖炉がありました。
赤々と燃える炎、その熱で暖められたレンガが放出する輻射熱。
それが、蓄熱式暖房のルーツだといわれています。
就寝中もおだやかに放熱を続け、朝起きたときも部屋があったかい。
そんな心地よさが、冬の暮らしをやさしく包んできたのです。
1950年代に入ると、イギリスの電力公社は昼と夜で
大きな差がある電力需要を平準化するため、深夜電力を使用できる蓄熱機器の普及を図りました。
ユニデールはそうした時代を背景に誕生。
電力供給が不安定となっている現代、蓄える技術(蓄エネ)が世界で注目されています。

クリックすると大きな写真で見ることができます。

※設置時は定められた壁・床補強や離隔距離などの施工基準をお守りください。

夜間に熱を蓄える。

家族が眠りについている間も、ユニデールは休みません。
昼間の約1/3の料金の深夜電力を利用して、本体内部のレンガに熱を蓄えます。
およそ8時間かけて暖められたレンガはおだやかな輻射熱を放出し、
翌朝、お目覚めとともに部屋じゅうを暖めます。

※設置時は定められた壁・床補強や離隔距離などの施工基準をお守りください。

電気蓄熱暖房器のしくみ

ファン付(強制放熱式)

ファン付タイプは、蓄えられた熱を輻射熱とファンによる強制放熱によって室内を暖めます。
室温コントローラーにより自動的にファン運転を行います。

ファンレス(自然放熱式)

ファンレスタイプは、暖めると上昇する空気の自然対流と輻射熱を利用して、ファンを使わずに室内を
暖めます。暖房器底部から空気を取り入れ、上部グリルから自然放熱を行います。

お得な深夜電力。

時間帯別電灯料金制度は、昼間に比べ夜間の電気代が
大幅に安くなっています。
主に夜間通電・蓄熱する電気蓄熱暖房器は、
この料金制度を上手に活かした経済的な暖房器です。

※深夜電力を使用するためには別途契約が必要です。料金内容などは各電力会社にお問い合わせください。

ピークシフト対応のユニデールで、電力の平準化に貢献。

地球環境へ配慮した節電はもちろん、社会的な電力不足への懸念から、
いまピークシフト対応の家電が注目を集めています。
ユニデールは割安な夜間電力で蓄熱し、電力需要が高まる日中は蓄えた熱で暖房するシステム。
蓄熱と放熱で一日中途切れることなくお部屋を暖め、それでいて日中の暖房消費電力はほぼゼロ。
省エネ・創エネに加え、これからは蓄エネとピークシフトが時代のキーワードに。
ユニデールは電気自動車や蓄電池とともに、エコライフの担い手として期待されます。

※ピークシフトとは需要の高まる昼間の電力消費の一部を夜間に移行させ、電力のピークを緩和させること。
電力供給に余裕のある夜間電力で蓄熱するユニデールは、電力の平準化に貢献し、節電や家計の節約に役立ちます。

蓄熱通電パターンのイメージ

※蓄熱時間帯が23:00~7:00の場合のイメージ図となります。使用条件や環境などにより異なる場合があります。
※蓄熱時間帯にファン運転(ファン付)や放熱ダイアルを常時高め(ファンレス)にすると、蓄熱量が不足する場合があります。
※マイコン機能あり(ファン付)は、蓄熱時間帯のヒーター遮断中にファンを運転すると、連動してヒーター通電されます。

※蓄熱時間帯が23:00~7:00の場合のイメージ図となります。使用条件や環境などにより異なる場合があります。
※蓄熱時間帯にファン運転(ファン付)や放熱ダイアルを常時高め(ファンレス)にすると、蓄熱量が不足する場合があります。

日中じわじわ放熱。

昼間はほとんど電力を使わず、蓄熱されたレンガから放出される輻射熱により、部屋をムラなく暖めます。
一日かけてゆっくり熱を放出したレンガは、翌日に備えて再び夜間に蓄熱を開始。
快適性と蓄エネ、この繰り返しがエコライフをサポートします。

心地よい輻射熱で、部屋中ムラなくぽかぽか。

たとえば、温風式の暖房器で室温を20℃にしても、なんとなく寒いと感じることはありませんか。
それは、空気だけを暖めているからで、体感温度があがらないためです。
一方、輻射熱を放出するユニデールは、壁や天井、床を直接暖めて表面温度を上げることで、
室内をムラなく暖めます。ぽかぽかと心地よく、春の日だまりのような暖かさ。
暖房していることさえ忘れさせる、体に自然なやさしさです。

※表記温度は壁面温度の測定値です。

※上記の暖まり方や温度変化などは設置環境・設定条件などにより異なります。

相性ぴったり!太陽光発電とユニデール。

蓄熱暖房器ユニデールは暖房用に昼間の電力をほとんど使いません。
このため、太陽光で発電した電力の消費を低く抑えることができ、
電力会社に売る余剰電力がぐんと増えるというわけです。(暖房シーズン中)

※再生可能エネルギー固定価格買取制度については、
経済産業省資源エネルギー庁のウェブサイトにある情報をご覧ください。

従来の電気暖房機器と比べると、
ユニデールは冬期の売電額が大変お得です。

※売電額はケースによって異なる場合があります。

ファンの上手な使い方

便利な予約モードもついています。 ※ファン付マイコンタイプのみ

※蓄熱時間帯にファン運転した場合、蓄熱量が不足する場合があります。      ※蓄熱量は気候条件に合わせて調節してください。

  • ユニデールの特徴
  • 蓄熱の仕組み
  • 放熱の仕組み
  • ラインナップ
  • ユニデールの機種選定
Copyright (c) DIMPLEX JAPAN LTD. All rights reserved.