心とからだを温める。

心とからだを温める。

心とからだを温める。

心とからだを温める。

心とからだを温める。

ごはんが、温かい。おふとんが、温かい。陽だまりが、猫が、温かい。
温かさは、いつも、人間にしあわせを感じさせてくれます。忙しい心をいやし、はげまし、勇気づけてくれます。
ディンプレックスは、そんな温かさをつくりたい。
その想いから、私たちは世界で初めての暖房を、世の中に送り出してきました。
空気を汚さない「オイルヒーター」。電気の炎を楽しむ「電気暖炉」。そして新たに、
人にも地球にもやさしい次世代の温もりに挑み、オイルを使わない「オイルフリーヒーター」を開発しました。
70年前からヨーロッパの人々に、暖かで、豊かなライフスタイルを提案してきたディンプレックス。
私たちはこれからも、心とからだを温める暖房を、新しい発想でつくり続けます。

COMPANY PROFILE

ABOUT

ヨーロピアン ライフスタイルを、
日本へ。

1973年にアイルランドで創業したグレン・ディンプレックス グループは、Dimplex(イギリス1949年創業)をはじめとした主要20ブランドの下、冷暖房・生活家電・再生可能エネルギー・暖炉分野において、全世界で積極的な事業を展開しております。

ディンプレックス・ジャパンは、2004年より日本の住宅市場に参入し、オール電化住宅の拡大に伴い、オール電化向け電気ヒーターのリーディングカンパニーとなりました。

2019年より家電事業に本格参入し、オイルヒーターの良さを生かしつつ、よりエコロジーに、より快適に部屋を暖める「オイルフリーヒーター」や、心も温める「電気暖炉」をはじめ、“独創的かつ機能的な価値を持った商品”を開発し、提供してまいります。

今後は『ヨーロピアン ライフスタイル』をテーマに、所有する喜びを感じていただける商品を、日本の皆様へお届けします。

代表取締役社長 笠間 聖司

代表取締役社長 笠間 聖司

会社概要

社名 株式会社 ディンプレックス・ジャパン DIMPLEX JAPAN LIMITED
会社設立 1997年7月8日
資本金 480,000,000円
東京本社
〒108-0073 
東京都港区三田1丁目4番28号 三田国際ビル13階 
>アクセスマップ
TEL 03-6453-7241(代表) 
FAX 03-5427-2330
大阪オフィス 〒564-0051 
大阪府吹田市豊津町1番31号 由武ビル6階 
>アクセスマップ
TEL 06-6193-5365 
FAX 06-6193-5366
北海道業務センター 〒006-0806 北海道札幌市手稲区新発寒6条1丁目5番3号
TEL 011-330-4600 FAX 011-330-5502
代表取締役社長 笠間 聖司
事業内容 一般家電製品等の輸入及び販売、ポータブル暖房製品の販売
主要株主 BELLING (1992) LIMITED(グレン・ディンプレックス・グループ)
主要取引銀行 北海道銀行、北洋銀行、三菱東京UFJ銀行
決算 9月
会計監査人 あずさ監査法人(KPMG)

沿革

1997年7月 株式会社グロバリー設立
1999年6月 実用新案権取得(実用新案登録番号 第3060396号)
考案の名称 集中二重水道配管設備(ウイルスボシステム)
2001年5月 東京支店開設
2001年11月 東北支店開設
2003年7月 東北物流センター開設
2004年1月 富山営業所開設
2005年1月 東京都台東区にグロバリー51%グレン・ディンプレックス社49%出資の子会社、株式会社グレン・ディンプレックス・ジャパンを設立
2005年5月 大阪営業所開設
2006年4月 株式会社グレン・ディンプレックス・ジャパン(子会社)営業権収得・統合
株式会社グロバリーから株式会社グレン・ディンプレックス・ジャパンに社名変更
本社を東京に移転
組織改編
2007年4月 富山営業所を北陸営業所に名称変更
2007年6月 株主間の株式譲渡により、グレン・ディンプレックス・グループの完全子会社となる
2008年10月 株式会社ディンプレックス・ジャパンに社名変更
2010年9月 東京本社を中央区日本橋本町に移転
2011年11月 北海道札幌に本社を移転
2012年11月 在札幌アイルランド名誉領事館として登録
2015年3月 東京オフィスを港区三田に移転
2019年7月 本社を東京オフィス(港区 三田)に移転
北海道業務センター(札幌)を開設

SHOW ROOM

SHOW ROOM DIMPLEX PREMIUM LOUNGE

より多くのみなさまに、「電気暖炉」に直接触れ、体験していただきたく、
ショールームをオープンしました。
独自の特許技術を搭載した「オプティミストシリーズ」をはじめ、
オリジナリティあふれる製品を各種取り揃え、みなさまのお越しをお待ちしております。

より多くのみなさまに、「電気暖炉」に直接触れ、体験していただきたく、ショールームをオープンしました。
独自の特許技術を搭載した「オプティミストシリーズ」をはじめ、オリジナリティあふれる製品を各種取り揃え、みなさまのお越しをお待ちしております。

TOKYO

東京都港区三田1丁目4-28 三田国際ビル13階
TEL 03-6453-7241(代表)
営業時間 10:00〜17:00 (定休日/土・日・祝日)
※完全予約制

赤羽橋駅(都営地下鉄大江戸線)…赤羽橋口より 徒歩3分
芝公園駅(都営地下鉄三田線)…A2出口より 徒歩7分
田町駅(JR山手線)…三田口(西口)より 徒歩10分

TOKYO

OSAKA

大阪府吹田市豊津町1-31 ヨシタケビル6F
TEL 06-6193-5365
営業時間 10:00〜17:00 (定休日/土・日・祝日)
※完全予約制

江坂駅(大阪メトロ御堂筋線/北大阪急行電鉄)
…5番出口より 徒歩3分


OSAKA

GLEN DIMPLEX

GLEN DIMPLEX

グレン・ディンプレックス社について

グレン・ディンプレックス社は、1973年にイギリスの電気暖房機器・リーディングブランドであった
ディンプレックス社をグレン・エレクトリック社が買収しアイルランドで設立。

その後ヨーロッパ各国の電機メーカーを傘下におさめたホールディングカンパニーとなり、
電気暖房機器においては世界で最大級の企業となっております。
また一般家電製品の分野においても世界市場において
トップクラスのマーケットシェアーを保持しております。
現在は、グループ全体として3000億円の売上、1万人従業員規模となっております。

企業哲学

グループ会社の経営体制に関しては、極めて権限委譲されたフラットな組織となっており、各々のグループ会社は地域に根ざしたビジネスを展開しております。また企業家魂あふれる現地のマネジメントに経営を託し、グループ本社は経営を最大限効率化するために官僚的な組織体制を排除しグループ本社は現地マネジメントを最大限バックアップしております。グレン・ディンプレックスは品質、効率、そして何よりもお客様の満足の為にはいかなる妥協も許さないという企業哲学を有しております。

またグレン・ディンプレックスは“Can Do”つまりは“出来る”という姿勢でお客様のニーズを捉え、常にニーズを満たすよう最大限の努力をしております。これは世界のどの国、どのグループ会社においても普遍のことであり、さらにサプライチェーンの源流からお客様に至る過程において全ての業者様においてもこの考えを共有していただいております。グレン・ディンプレックスはその成長を自己資金から調達しており、財務体制に関しても磐石な体制を築いております。

また、高い技術水準を有するSMTラボを自社で所用しており、各種の検査や研究が行なわれています。SMTラボはTUV(独)、GD(独)、NF(仏)、UL(北米)、VDE(独)、BEAB(英)などヨーロッパの有数の公的認証機関より認証を受けています。

環境問題への対策としても、2006年からヨーロッパで施行されるRoHS(特定有害物質使用禁止令)に対しても早期より取り組み、全ての製品が対応済みです。また、部品供給業者に対して法律準拠の為の指導も行なっております。

成功要因

グレン・ディンプレックスはその成功の要因を弊社の持つ多様なブランド、世界各国で個別の消費者の立場に立った製品開発に対する絶え間ない投資であると考えております。その投資金額は利益の相当部分を開発投資に当てることにも現れております。グレン・ディンプレックスはヨーロッパにおいて主要な地位を占める暖房器具や家電企業をその傘下に収め、製品の各カテゴリーにおいて有数のブランドを保有しております。

代表的な暖房器メーカーとしては蓄熱暖房器で世界的なシェアーを持つKKW社やSeagoe社、シーメンス社(暖房事業部)、北欧において50%以上の市場占有率を持つNOBO社、電気パネルヒーターの本場フランスにおいて50%以上の市場占有率を保有するMuller社などがあります。日本でも有名なCAMPA社などもMuller社の傘下企業であります。 またイギリス最大家電メーカーのMorphy Richardsなども傘下におさめております。

2003年 ベスト・デザイン 小型家電(ヨーロッパ)
2004年 サプライアー・オブ・ザ・イヤー(英国最大家電量販店Dixon Group PLC)